カブスは4人で大谷に熱視線 元ハム・セギノール氏「ダルのよう」

[ 2016年2月10日 08:10 ]

大勢のメジャー関係者が見守る中、ブルペンで投球練習を行う大谷
Photo By スポニチ

練習試合 日本ハム4―5韓国ロッテ

(2月8日 ピオリア)
 カブスは大挙4人で訪れ、日本ハム・大谷に熱視線を送った。

 04~07年に日本ハムでもプレーしたフェルナンド・セギノール国際スカウトは「きょうはブルペンも見たが、一緒にプレーしたダルビッシュのような雰囲気を感じた。打者としても打撃フォームがいいし、今は投打の両方をやればいい」と評価。また、広島と楽天で指揮を執ったナショナルズのマーティ・ブラウン環太平洋スカウトも「打者としても成長している。広角に逆方向に強い打球を打つ能力にすぐれている。メジャーで二刀流は難しいが、できるとしたら大谷だろう」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月10日のニュース