“師匠”石井一久氏 昨季5勝岸に注目「野球人生の集大成になる」

[ 2016年1月24日 05:30 ]

初の投げ合いを熱望する西武・岸(右)とロッテ・涌井(左)にエールを送るスポニチ本紙評論家の石井氏

よしもと大運動会

(1月23日)
 西武時代、岸と涌井の「師匠」だった石井一久氏(スポニチ本紙評論家)は「1年を通してやれれば(2人の)高いレベルの争いが見られるはず。それを楽しみにしている」と最多勝争いを期待した。

 それでも一番の願いは「ケガをしないでシーズンを戦い抜いてほしい」。特に昨季5勝に終わった岸については「野球人生の集大成になると思う。今年で終わりという意味ではなく、MAXの力を発揮できれば、その後数年は持続できる」と重要なシーズンと位置付けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2016年1月24日のニュース