DeNAドラ7野川 1軍スタートも引き締め「結果出すまでは」

[ 2016年1月24日 18:43 ]

 キャンプ1軍スタートが決まったDeNAドラフト7位の野川(鷺宮製作所)は特別な喜びを見せず、新人合同自主トレーニングに集中した。社会人野球で経験を積んだ24歳は中継ぎの即戦力としての期待を理解しているだけに「よし、とは思わない。開幕1軍という結果を出すまでは」と気を引き締めた。

 縦と横、2種類のスライダーを操り、内角を突く強気な投球が持ち味の左腕。対左打者での出番を想定している。「相手の4番や強打者を抑えたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月24日のニュース