パイレーツ FAでジェイソを獲得 ブ軍は救援右腕とマイナー契約

[ 2015年12月24日 15:06 ]

ジョン・ジェイソ捕手 (AP)

 パイレーツは23日、レイズから今オフにフリーエージェント(FA)となっていたジョン・ジェイソ捕手(32)と2年総額800万ドル(約9億6400万円)で契約に合意した。NBCスポーツなど米国の複数メディアが報じている。

 ジェイソはメジャー7年目の今季、70試合に出場して打率2割8分6厘、5本塁打、22打点をマーク。アスレチックス時代にファウルチップを頭に受け、脳震とうの後遺症に苦しんでいるが、指名打者で41試合に先発出場するなど存在感を示した。通算では550試合に出場して打率2割6分3厘、37本塁打、204打点。指名打者制のないナ・リーグへの移籍となるが、マイケル・モースとの併用で一塁を守ることが見込まれている。

 また、当日にはブレーブスがレッドソックスからFAの救援右腕アレクシ・オガンド投手(32)とのマイナー契約に合意。来春のキャンプに招待され、開幕メジャーを目指す。

 オガンドはレッドソックス移籍1年目の今季、64試合に登板して3勝1敗、防御率3・99という成績。レンジャーズ時代の2011年には先発も経験し、13勝をマークする活躍でオールスター戦選出を果たした。メジャー6年間での通算成績は247試合に登板して31勝17敗4セーブ、防御率3・44。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月24日のニュース