俊介投手コーチ “兼任”は緊急時 新日鉄住金かずさマジック入団

[ 2015年12月2日 05:30 ]

新日鉄住金かずさマジックのユニホームに袖を通し、鈴木監督(左)と握手する渡辺

 元ロッテで、社会人野球の新日鉄住金かずさマジックの投手コーチに就任した渡辺俊介投手(39)が1日、千葉県君津市の新日鉄住金君津製鉄所で入団会見を行った。

 チームの前身はプロ入り前に所属した新日鉄君津で古巣に復帰。兼任での現役続行を表明も、コーチ業がメーンで「育成した選手が十分であれば投げない。育成のために必要とされれば投げる」。米独立リーグで2年間プレー。NPB復帰については「プロに戻るためにプレーしようとは考えていない。野球人生の最後に都市対抗の優勝を経験したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月2日のニュース