DeNA 72万個帽子を無料配布へ 小学校以下“神奈川っ子”に

[ 2015年12月2日 05:30 ]

球団5周年記念ロゴが入った帽子をかぶった小学生に囲まれ笑顔の(左から)山崎康、三浦、後藤

 現球団名になって来季5周年を迎えるDeNAが1日、横浜市の球団事務所で「5周年企画第1弾発表会」を行い、神奈川県内の子供たち72万人に5周年記念ロゴが入ったチームの帽子を配布することを発表した。今月中旬をめどに県内全ての小学校、幼稚園・保育園などに配布し、年内に完了する予定という。

 三浦、後藤、山崎康が会見に出席。三浦は「帽子をかぶって外で元気に遊んでほしい」と話した。3選手はその後、横浜市の本町小学校をサプライズ訪問。思わぬプレゼントに大喜びの児童700人にもみくちゃにされた山崎康は「自分が野球少年だったら本当にうれしいと思う。神奈川全域の子供たちが帽子をかぶって応援してくれたら」と笑顔を見せた。

 球界でも異例の大盤振る舞いだ。楽天は10周年の昨季から東北6県の新小学1年生7万人に帽子を無料配布しているが、今回はその10倍。高さ11センチの帽子を72万個積み上げると単純計算で79・2キロメートルに及び、実に富士山21個分の高さになる。

 1個1000円と仮定して総費用7億2000万円。池田純球団社長は「子供の体力低下が問題になる中、外で遊ぶきっかけになる。コストはかかったけど横浜に根付くことを考えた」。同小学校の菊池友飛君(6年)は「来年はキャップをかぶって試合を見に行きたい」と目を輝かせた。

 また、主催ナイター開催日の午前7時~8時30分、本拠・横浜スタジアムの外野を無料開放し、思う存分キャッチボールを楽しんでもらう企画も発表。より市民に開かれ、愛される球場を目指す。 (渡辺 剛太)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月2日のニュース