×

イチロー 王さん超える日米通算1968得点!

[ 2015年4月26日 07:50 ]

王会長を抜く日米通算1968得点を記録し、帽子を脱いで観衆にあいさつするイチロー(AP)

ナ・リーグ マーリンズ8―0ナショナルズ

(4月25日 マイアミ)
 マーリンズのイチローは25日(日本時間26日)、マイアミで行われたナショナルズ戦に「7番・左翼」で5試合連続で先発出場し、8回に得点を記録。日米通算1968得点(日本658、メジャー1310)となり、ソフトバンクの王会長が持つ日本プロ野球記録を更新した。

 2回の第1打席はニゴロ併殺、4回は左安打で出塁もホームは踏めず、6回には二ゴロのイチローだったが、4―0で迎えた8回、スタントンがソロ本塁打を放ち5―0となり、なおも2死一塁で右前打を放ち出塁。続くエチャバリアが2号3ランを放ちホームを踏んだ。この日は4打数2安打1得点で、打率は・286となった。

 9回の守備につく時には大型スクリーンに“新記録”達成を祝福する表示が出、右翼の主砲スタントンが帽子をかざして敬意を示すとイチローも地元観客席に脱帽して返礼する、大きな拍手が巻き起こっていた。

 試合も8―0の快勝で今季最長の4連勝で、ナ・リーグ東地区でナショナルズと並び3位に浮上した。腰の張りを訴えていた正左翼手のイエリチがDL入りしたため、先発出場が続くが、今季イチローが先発した試合は9試合で6勝目。明らかにチームの原動力となっている。

 大リーグ記録はアスレチックスなどで活躍し、米国野球殿堂入りしているリッキー・ヘンダーソンの2295得点。

 試合後、イチローは通訳を通じ「チームメートがあれだけ(記録を)知っていてくれて、おめでとうと言ってくれて…。人の気持ちの温かさみたいなものが何よりうれしい」と語り、「王さんがプレーをしていた時は1シーズン130試合だったのだから公平ではないと思う(メジャーは162試合)。それで、868本塁打を打っているんだから…。王さんの記録は自分より偉大だと思う」と敬意を表していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2015年4月26日のニュース