佐々岡氏、広島2軍投手コーチ就任「活躍できる投手育てる」

[ 2014年10月29日 05:30 ]

2軍投手コーチに就任し、会見に臨む佐々岡真司氏

 広島は28日、球団OBの佐々岡真司氏(47=スポニチ本紙評論家)が2軍投手コーチに就任すると発表した。

 マツダスタジアムで記者会見した佐々岡氏は「一人でも多く1軍で活躍できる投手を育てるのが僕の役目。(気になる選手は)強いて言えば伸び悩んでいる今村、中村恭。1軍経験がある投手が2軍にいてはいけない」と抱負を述べた。背番号は88。

 同氏は浜田商(島根)からNTT中国を経て、1989年ドラフト1位で広島に入団した。通算570試合の登板で138勝153敗106セーブ、防御率3・58。2007年に現役を引退し、8年ぶりの現場復帰となる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月29日のニュース