村田、先制3ランで通算1500安打達成!プロ野球史上117人目

[ 2014年8月27日 18:32 ]

<巨・神20>1回2死一、三塁から先制の右越え3ランを放ち、迎えられる村田。この一打で通算1500安打に到達

セ・リーグ 巨人―阪神

(8月27日 東京D)
 巨人の村田修一内野手(33)が27日の阪神戦(東京ドーム)でプロ野球史上117人目となる通算1500安打を達成した。初回2死一、三塁の場面で岩田から右越えに先制3ランを放った。

 前日の阪神戦(東京D)で初回に遊撃内野安打を放ち、王手をかけていた村田。節目の一打は首位攻防第2ラウンドでの貴重な先制弾となった。村田は、前日に王手を懸けてからすぐの1500安打到達に「昨日あと1本になり足踏みせずに打ててほっとしていますし、自分らしい右方向へのホームランで決められて良かったです」と語っていた。

 村田は日大から自由獲得枠で2003年に横浜(現DeNA)入り。同年3月28日の阪神戦(横浜)でプロ初出場、初安打は同年4月1日の巨人戦(東京ドーム)の初打席で桑田真澄から記録した。07、08年に2年連続本塁打王に輝き、FA権を行使して12年に巨人に移籍した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月27日のニュース