オリックス 糸井、シーズン自己最多の65打点で先制に喜ぶ

[ 2014年8月27日 21:47 ]

<オ・ロ>初回1死二塁、糸井は中前に先制適時打を放つ

パ・リーグ オリックス7―3ロッテ

(8月27日 ほっと神戸)
 オリックスの糸井が初回に先制打を放ち、シーズン自己最多の65打点を挙げた。先頭の平野恵が失策で出塁し、続く安達の犠打で得た1死二塁。2ボールから藤岡の速球を中前にはじき返し「何とかいい形で後ろにつなぐことだけ。先制することができてよかった」と喜んだ。

 打率、本塁打も自己最高の勢い。33歳にして進化していることを印象づけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月27日のニュース