選抜高校野球 21世紀枠出場は都小山台、海南、大島の3校

[ 2014年1月24日 15:00 ]

巨人軍の旧多摩川グラウンドで練習する都小山台ナイン
Photo By スポニチ

 第86回選抜高校野球大会(3月21日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が24日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、困難な条件を克服するなど戦力以外の特色を加味した21世紀枠として、都小山台(東京)、海南(和歌山)、大島(鹿児島)の3校の出場が決まった。

 都小山台は都立として初の選抜出場。進学に力を入れ、文武両道を掲げており昨年の東京都秋季大会では強豪の早実、堀越などを破り、8強入り果たし、都立勢として初のセンバツ出場となった。

 海南は1923年創立の伝統校で過去計16回(統合した大成の2回出場を含む)の選抜出場を誇る古豪。1987年以来、27年ぶりの出場となった。校舎改築のため練習場所確保が難しい中、秋季和歌山大会で準優勝した実績が買われた。

 大島は奄美大島にある、1901年創立の県立高。練習試合の相手に恵まれない中でも力を付け、秋季鹿児島県大会で4強入りした。奄美群島からは春夏通じて初の甲子園出場となる。

 選出は21世紀枠特別選考委員会と地区別小委員会で行われた。午後4時ごろまでには全32校が発表される見込み。一般選考では29校を選出する。地区別の出場枠は北海道1、東北2、関東・東京6、東海2、北信越2、近畿6、中国・四国5、九州5(神宮大会枠1を含む)。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月24日のニュース