乱闘も動じず 青木は3安打で打率・289に上昇

[ 2013年9月27日 06:00 ]

ブレーブス戦の7回、左前に適時打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ4―0ブレーブス

(9月25日 アトランタ)
 ブルワーズの青木は3安打2打点で6試合連続安打とした。3回の左越え二塁打は、メジャーでは初の4試合連続長打となり「いい手応え。ボールにしっかり力が伝わった」。残り4試合で打率を・289とした。

 初回には本塁打を放ったゴメスがベースを一周しながら相手選手と口論し、本塁ベース前で大乱闘。ベンチを飛び出して止めに入った青木は試合後「お互いに真剣にやっているということだし、エキサイトすることは仕方ない」と冷静に振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月27日のニュース