寺原2481日ぶりソフトBで白星 地元ファンに「ただいま!」

[ 2013年5月1日 20:43 ]

<ソ・西>好投を続ける寺原は松田(右)から声をかけられ笑顔

パ・リーグ ソフトバンク3―1西武

(5月1日 ヤフオクD)
 今季からソフトバンクに復帰した寺原が7年ぶりに古巣で白星。本拠地・ヤフオクドームのファンに「ただいま!」と改めて復帰を報告した。

 ソフトバンクでの白星は06年7月16日の日本ハム戦で完封勝利を挙げて以来2481日ぶり。地元ファンの大声援に「ものすごい久しぶりなので、めちゃめちゃ嬉しいです」と喜びをあふれさせた。

 移籍後初登板となった前回登板は4回途中5失点KOと不甲斐ない結果に終わり敗戦後、4月に転校した小2の長男が、クラスメートから「ダメだったね」と野球の話題をされ悔しそうにしていたと知り、「親父がしっかりしないとダメですね」と白星を手にすることを誓った。

 この日は8回1失点の好投。「きょうは超全力で気合を入れてやりました」という寺原は「きょうはチームのため、ファンの皆様のため、家族のため、特に息子のために頑張りました。もっといいピッチングをしてかっこいいお父さんでいられるように頑張ります」と目をうるませながらも、胸を張っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月1日のニュース