×

栗山監督初交渉「監督ではなく解説者になっていた」

[ 2012年11月27日 06:00 ]

奥州市内のホテルに到着した日本ハム・栗山監督

花巻東・大谷入団交渉

 交渉に初めて同席した日本ハムの栗山監督は「翻意させに来たわけではない。大谷君と一緒に夢をかなえたい。どうやったら手伝えるのか。監督ではなく解説者になっていた」と、大リーグのマウンドへの対処法など、スポーツキャスター時代に培った知識を伝え、その上で日本のファンに応援してもらってから大リーグに挑戦するのも一つの選択肢であることを訴えた。

 指揮官はこの日のために、花巻東のスクールカラーでもある紫色のマフラーを新調。ネクタイ、そして紫色の勝負パンツまで身に着けると「ファイターズというより日本の球界にとっても大きなこと」と位置づけて交渉に臨んだ。大谷とは昨夏の甲子園以来の対面となり、「変わっていなかった。ちょっと体が大きくなったかな」と振り返った。

 「何度も来ると迷惑を掛けてしまう」と自らが交渉に出向くのは今回が最初で最後であることを強調し、「魂の部分を言葉で伝えた。今のファイターズは本当にいい選手がいていい環境。そういうところでやらせてあげたい。僕は信じて待つだけです」。思いの丈はぶつけた。あとは吉報が届くことを待つしかない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2012年11月27日のニュース