×

イチロー再契約にヤンキース自信「残留が最優先」

[ 2012年11月27日 06:00 ]

 ヤンキースが今オフFAとなったイチローとの再契約に自信を持っていると、CBSスポーツ(電子版)が25日(日本時間26日)報じた。

 ジョン・ヘイマン記者が「ヤ軍は(移籍後)約2カ月で非常にいい働きをしたイチローと、再契約できると自信を持っている」と報じたもの。24日にはニューヨーク・ポスト紙(電子版)が、代理人を務めるトニー・アタナシオ氏の「イチローは他のどの球団に行くよりも、残留が最優先になる」との談話を紹介。ヤ軍の意向も報じられたことで、残留交渉が一気に加速する可能性が出てきた。

 今オフの外野手FA市場は、ハンターのタイガース入りが決まったくらい。しかし、レイズからFAのアップトンについて、複数のメディアが1週間以内に去就が決定すると報道。市場が一気に動きだす気配があり、イチローの動向にも注目が集まる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2012年11月27日のニュース