球審の「偉そうに何を言うんだ!」発言にアニキ激高!

[ 2012年5月29日 06:00 ]

<神・西>9回2死一塁、代打・金本は見逃し三振の判定に、飯塚球審(右)に抗議する

交流戦 阪神0-3西武

(5月28日 甲子園)
 「延長戦」が続いていた。9回2死一塁。代打で出場した阪神・金本がフルカウントからの8球目、内角低めの速球に見逃し三振。天を仰いだベテランは飯塚球審に「低いでしょ?」と問いかけると、同球審から「偉そうに何を言うんだ!」との言葉が返ってきたという。

 これに金本が激高し、両者は一気にヒートアップ。試合後もバックネット裏で発言の撤回を求めて審判団に詰め寄ったが、最後は和田監督に促される形で怒りを収めた。同球審は「僕は何を言ったのか覚えていないが、威嚇するようなことは言っていません」。チームは今季8度目の零敗で、後味の悪さだけが残った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年5月29日のニュース