和田7000万円減でサイン「来季は一からの挑戦」

[ 2011年12月23日 06:00 ]

7000万円の大幅ダウンで更改した中日・和田

 中日の和田一浩外野手(39)が22日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7000万円ダウンの3億3000万円で一発サインした。

 3年契約の2年目となる来季に向けて、「今年は今まで積み重ねてきたものが崩れ去りましたので、来年は一からの挑戦になると思います」と決意を口にした。

 昨季リーグMVPを獲得した和田は今季、落合前監督の指導で打撃フォームの改造に着手。しかし極度の不振に陥り、9月には中日では初の2軍落ちの屈辱も味わった。終わってみれば打率・232、12本塁打、54打点。減額制限いっぱいの40%ダウンすら覚悟していただけに、「想像したよりは下がらなかった。ありがたいです」と本音を口にした。

 すでに来季に向けて気持ちは切り替わっている。例年通り、年明けから佐賀・武雄温泉で自主トレーニングを開始する。「ジャイアンツには負けたくない。阪神も強いしヤクルトも強いけど、その中で優勝したい」と3連覇への強い思いをのぞかせた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月23日のニュース