中畑DeNA「なんでだろ~」で強くなる!!

[ 2011年12月23日 06:00 ]

中畑監督(中央)はテツandトモと「なんでだろう」の替え歌を振り付きで熱唱する

 中畑ベイは「なんでだろ~野球」で強くなる。DeNAの中畑清監督(57)が22日、故郷・福島県の福島駅前で行われた東北3県完全デジタル化100日前のイベントに参加。芸人のテツandトモと共演し、最下位からの脱却には、03年の新語・流行語大賞にも選ばれた「なんでだろ~」の精神こそがチーム強化に必要だと説いた。

 「まず4年連続最下位がなんでだろ~。何が必要なんだろう、足りないんだろう。考える力が足りない」。中でも一番に挙げたのは投手陣の底上げ。高崎は防御率3・45ながら5勝15敗と負け越したのは、なんでだろう。「勝負事は先手必勝。先発投手は心技体全てきつくなるのが5イニング目」と説く指揮官にしてみれば先制点の大切さや、味方の得点直後の失点など見直す点は多い。ただ抑えるだけでなく、勝つための投球が必要なわけだ。

 気温2度の寒さの中、地デジ化声掛け隊長に就任した中畑監督は長渕剛の「しあわせになろうよ」を壇上で熱唱し「俺は2年契約。2年でてっぺんまでいけたら奇跡、でもそのつもりでやる」と地元のファンに約束した。選手に考える力を植え付け公約実現を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月23日のニュース