PR:

羽生、4回転成功で上々 宇野は…

フィギュアスケートの世界選手権開幕を前に、公式練習で調整する羽生結弦(共同)
Photo By 共同

 来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠が懸かるフィギュアスケートの世界選手権は29日、ヘルシンキで開幕する。27日に公式練習が始まり、男子で3季ぶりのタイトルを狙う2014年ソチ冬季五輪金メダリストの羽生結弦(ANA)は大技の4回転ループを軽やかに成功させるなど上々の出来だった。

 羽生はショートプログラム(SP)の曲をかけた練習では4回転サルコーからの2連続ジャンプで後ろのトーループが1回転になったが、そのミスを除けば問題なくまとめた。全日本選手権覇者の宇野昌磨(中京大)は今季後半から取り入れる4回転ループが低調。田中刑事(倉敷芸術科学大)は精力的にジャンプを跳んだ。

 女子はエース宮原知子(関大)がけがで欠場するが、四大陸選手権女王の三原舞依(神戸ポートアイランドク)は安定したジャンプを披露し「SPもフリーも最高の演技ができたらいい」と意気込んだ。四大陸選手権9位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は2連続3回転を決めて復調の気配を漂わせたが、代替出場の本郷理華(邦和スポーツランド)は3回転フリップで失敗が目立った。

[ 2017年3月27日 19:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月24日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ