PR:

3枠確保なるか 樋口新葉 復調の兆し「自信が少しついたかなと思う」

笑顔で練習する樋口新葉
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権(29日開幕)の公式練習が27日、フィンランド・ヘルシンキで始まった。エース宮原知子の欠場で、平昌五輪出場3枠確保が厳しい状況となっている日本女子陣は本番リンクで氷の感触を確認した。

 2月の四大陸選手権でジャンプでミスが相次いで9位に沈んだ16歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)はルッツ―トーループの連続3回転ジャンプなどを次々と成功させ「(会場は)滑りやすかった」と安どの表情を浮かべた。

 この1カ月はジャンプの立て直しに時間を割いてきたという。「練習で跳べなかったのが、跳べるようになって、自信が少しついたかなと思う」と復調の手応えは上々だ。初めての世界選手権が五輪の出場枠が懸かる重要な大会である上に、エースの欠場でプレッシャーは大きい。「(枠取りが)本当に大事なことだと思っている。練習通りに思いきり滑れば、結果もついてくる。集中して滑りたい」と意気込んだ。女子は29日にショートプログラム、31日にフリーが行われる。

[ 2017年3月27日 21:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月17日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画