PR:

横審 照ノ富士の来場所綱獲りに言及「内規というのがあるが、あくまで内規」

 横綱審議委員会(横審)が27日、東京・両国国技館で行われ、照ノ富士の来場所綱獲りについて、慎重な姿勢を示した。

 左膝の負傷を抱えながら優勝争いを繰り広げた大関について、北村正任委員長(毎日新聞名誉顧問)は「よく頑張った。回復しつつあるが、まだ膝が悪い。その中で頑張った。最後はケガが響いたか分からないがしっかり治してほしい」と評価した。

 横審の内規では2場所連続で優勝かそれに準ずる好成績を残した大関が横綱に推薦される。内規通りであれば、優勝決定戦を戦った照ノ富士に来場所綱獲りの資格はあるが、最近はカド番を繰り返しており不安定な成績が問題視される。北村委員長は「内規というのがあるが、これはあくまで内規。準優勝、優勝で上げるなら横審はいらない。前後の成績を見て勘案していく。場面、場面で議論していく」と語った。

[ 2017年3月27日 18:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:08月19日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画