大学Information

【帝京平成大学】プロ野球DeNAのシーズン公式戦で冠試合実施

 帝京平成大学は、2018年シーズンに横浜DeNAベイスターズが横浜スタジアムで主催する2試合(8月予定)で、冠試合「帝京平成大学デー」を実施する。

 これは帝京平成大学中野キャンパスにある現代ライフ学部観光経営学科の2年次前期にて行われる体験型授業として、学生が試合当日、実際に横浜スタジアムに出向き、大学をPRするさまざまな取り組みを行う。

 授業では球場見学ツアーのサポートやベイスターズとのコラボグッズの企画制作をはじめ、球場内に設置された特設ブースで来場者向けの企画、運営を行う。さらに当日、大型ビジョンで放映する映像制作や来場者に渡すフリーペーパーの制作などを各グループに分かれ学生自身が考える。

 限られた時間の中でアイデアを出し合い、球団職員による講義などを通して企画を形にしていく。

 取り組みを通して、学生は企画力や対話力、実践力など社会人として必要な能力を磨き、国内で最大規模のプロスポーツビジネスであるプロ野球の公式戦を肌で感じることで、学生の成長につなげる。 情報提供元:大学プレスセンター

[ 2018年1月5日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:02月21日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス