PR:

小池&舛添&猪瀬“コンプリート”

2020年東京オリンピック・パラリンピック公式エンブレムコラボ・ピンバッジ
Photo By スポニチ

 夏働いて冬休む…大阪の盆踊り唄・河内音頭を生業とする私はただいま冬眠中でありますが、1月は新年会でごひいきの皆さん方とお目にかかる機会が多いのです。和服は夏物がほとんどなので、やはりスーツ姿での出席となります。

 年始に政界関係者より、2020年東京オリンピック・パラリンピック公式エンブレムのコラボ・ピンバッジを頂きました。もちろん、関係者だけに配布された非売品。東京都の小池百合子知事も付けておられるのと同じ仕様です。組市松紋のデザインには、3種類の形の異なる四角形を組み合わせて、国や文化に思想などの違いを超えて繋がり合うオリパラの「多様性と調和」のメッセージが込められていると聞いています。

 早速、コラボバッジを付けておりましたら「大阪より東京ですなぁ」「東京都の応援をしてまんのか?」と何となく反首都的な空気を感じましたので、現在は猪瀬知事時代の招致ピンバッジ丸型タイプ〜桜のリースデザインと舛添知事退陣と共に消えたオフィシャルライセンスバッジを、3点セットにして付けております=写真。すると、会う人は「ああ、東京五輪ねぇ…」とのコラボバッジへの反応に始まって、次に「えっ!みんな捨てた最初のバッジをコンプリートで付けてますか!シャレがきついなぁ…さすが珍宝堂店主?」と、妙にお褒めのお言葉とリアクションを頂戴している次第に存じます。ただし、東京へ行く時には猪瀬&舛添時代の2つは外さなあかんでしょうなぁ。(河内家菊水丸)

[ 2017年1月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月11日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル