PR:

【神奈川】プロ注目右腕・本田が死球で降板 星槎国際湘南が逆転で敗退

第99回全国高校野球選手権神奈川大会5回戦   日大高9―4星槎国際湘南 ( 2017年7月23日    保土ケ谷 )

<星槎国際湘南・日大高>5失点で無念の敗退となった星槎国際湘南・本田
Photo By スポニチ

 星槎国際湘南が、4―9で日大高に敗れ、5回戦で姿を消した。プロ注目のエース・本田仁海(ひとみ=3年)が、死球で右手甲を痛めるアクシデントがあり、7回5失点で降板。試合後は、プロ志望を表明した。

 前日の22日に89球で完投勝利を挙げて迎えたこの日も、本田は5回まで無失点に抑えた。1点リードで迎えた6回、3安打を浴びて2点を取られ、逆転を許すと、不運はその裏に襲ってきた。打席で死球を右手と首に受け、右手甲を痛めた。「握力がなくなった。スピードが落ちて、コントロールも利かなくなった」と本田。チームは3点を取って4―2と再逆転したが、7回に3失点して再び逆転を許し、降板。無念の敗退となった。

 最速147キロのプロ注目右腕。土屋恵三監督は「本田できたチーム。ここまでよく頑張った。(死球後は)将来があるから、投げさせたくなかった。まだまだ伸びしろがある。続きは次でやればいい」と気遣った。本田も「プロで活躍したい。甲子園に行けなかった分も頑張りたい」と将来を見つめた。

[ 2017年7月23日 16:43 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム