バスケB1川崎、藤井祐眞との契約満了 10年間に「感謝」 群馬へ移籍 村島未悠との不倫報道触れず

[ 2024年6月17日 15:02 ]

藤井祐眞
Photo By スポニチ

 バスケットボールBリーグ1部の川崎は17日、2023-24シーズンで副キャプテンを務めた藤井祐眞(32)との契約満了を発表した。藤井はチームを通じ「移籍する決断をしました」とコメントし、B1・群馬への移籍を報告した。

 チームは契約満了の発表とともに、10シーズンという長きに渡り在籍した藤井に関し「クラブに沢山の勝利をもたらしてくれたこと、感謝しています!」と感謝を伝えた。北卓也GMも「言い表すことのできない寂しさを感じています」と惜しみ、「新天地での活躍を心から祈っています」とエールを送った。

 藤井も公式サイトを通じてコメントを発表。「この度、10年間在籍した川崎を去ることになりました。在籍期間中は色々な経験をさせていただくことができました。NBL時代にはリーグ優勝を果たし、Bリーグになってからも天皇杯連覇などタイトルを取ることができて、とても幸せな時間を過ごすことができました。しかしニックのラストイヤーで優勝を、と意気込んだ今シーズンは思うような結果が得られず、Bリーグ開幕以降クラブとして初めてチャンピオンシップを逃がし、悔しい結果となりました。いい時も悪い時も、サンダースファミリーの皆さまの応援が力となり戦い抜くことができました。本当にありがとうございます」と、思い出を回顧。

 「今回の決断にあたり、北さんやチーム強化担当のスタッフをはじめ様々な方からお声をかけていただいて嬉しかったですし、その気持ちに応えたい気持ちもありとても悩みました」と振り返り、「。競争がとても激しいこの世界の中で、新人の頃から使っていただいたからこそ、Bリーグというプロの舞台で選手として成長することができました。本当に感謝しています。この場を借りて、御礼を言いたいです」と、チームへの思いを込めた。

 「この10年間一緒にプレーさせていただいた選手やチームスタッフ、そしてフロントスタッフの皆さんには、チーム成績が良かった時も苦しかった時も一緒に練習をして、プレーで私の苦手なところをいつも支えていただき、助けてくれたことをとても感謝しています。とどろきアリーナでの試合は300名くらいしか観客が入らなかった時代から支えていただき、今では毎試合5,000名近い方々に来場いただき、熱狂するアリーナでプレーができて、本当に選手として幸せな環境でした。サンダースファミリーの皆さんには感謝しかありません」とし、「今回、たくさん悩み考え移籍する決断をしましたが、川崎ブレイブサンダースはこれからももっと大きくなっていくクラブだと確信しています。10年間育てていただき、本当にありがとうございました」と、長文で思いを記した。

 移籍先の群馬も「この度、群馬クレインサンダーズでは、藤井祐眞選手とのBリーグ2024-25シーズンの選手契約が基本合意に達しましたのでお知らせいたします」と発表。藤井はチーム公式を通じ「まずはじめに、このようなチャレンジの機会を与えて下さったチーム関係者の皆様に感謝いたします。優勝を目指すこのチームの一員として、全力を尽くし、チームのために貢献していきたいと思っています。皆さんの期待に応えられるよう全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」と意気込みを語った。

 藤井は今月12日、ニュースサイト「文春オンライン」でグラビアアイドル・村島未悠(25)との不倫疑惑を報じられた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月17日のニュース