【バレーボール】日本女子は世界ランク7位 パリ五輪組み合わせでは第3ポットに

[ 2024年6月17日 11:18 ]

パリ五輪出場を決めたバレーボール女子日本代表
Photo By スポニチ

 国際バレーボール連盟(FIVB)は17日、最新の女子世界ランクを発表し、日本は7位となり、パリ五輪出場が正式に決まった。出場権を持つ国とアジア・オセアニア最上位、アフリカ最上位を除く上位3カ国の条件を満たした


 ネーションズリーグ1次リーグの結果により、日本の他にイタリア、中国(アジア・オセアニア最上位)、オランダ、ケニア(アフリカ最上位)も五輪出場権を獲得した。

 パリ五輪の組み合わせ抽選は19日にタイ・バンコクで行われる。1次リーグは出場12カ国を4カ国ずつ3組に分けて実施。シード国として開催国フランスがA組、世界ランク1位ブラジルがB組、同2位イタリアがC組に入ることが決まっており、残りは世界ランクをもとにポット分けされ、各ポットから各組に入る国が抽選で決まる。世界ランク7位の日本は第3ポットに入る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月17日のニュース