×

鍵山優真「新しい挑戦」ロック調の来季SP「ビリーバー」初披露 フリー、Ex曲も決定

[ 2022年6月30日 19:56 ]

鍵山優真(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で北京五輪銀メダリストの鍵山優真(オリエンタルバイオ・中京大)が30日、チケット制ライブ配信サービス「Streaming+」で来季の新ショートプログラム(SP)となるイマジン・ドラゴンズの「Believer(ビリーバー)」を初披露した。

 有名振付師のシェイリーン・ボーンさんが初めて手がけたロック調のナンバー。今月に米カリフォルニア州ロサンゼルスで現地指導を受け、完成させた。「オリンピックを終えて何でも挑戦できるシーズン」として、100曲の候補から5曲に絞り込み「話し合って、実際に自由に滑りながら決めました」と語った。

 実際に滑った印象については「こんなパワフルな曲調を使うの初めて。運動量が凄いSP。休憩する場所がない」と語り、「現時点では振り付け頑張っている部分が見える。もっと感じる部分が増えると思うので練習したい」と話した。

 また、来季のフリーはローリー・ニコルさんが振り付けたクラシック調の「Rain, in your Black Eyes」、エキシビションは鈴木明子さんと振り付けた「Underground」に決まった。

 大技4回転ルッツにも挑戦中で鍵山は「まだ恐怖心がある。やったことないものに挑戦するのは勇気がいる。恐怖心をなくすには練習しかない」と語る。来季の目標については「いろんな試合で優勝目指して頑張りたい。結果よりも新しい挑戦が多いので、自分の可能性を広げる意味で諦めずにいろんなことに挑戦したい」と決意を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年6月30日のニュース