×

関西インカレで京大の女子選手が初優勝 工学部2年・篠田佳奈がやり投げV

[ 2022年5月26日 15:12 ]

陸上・関西学生対校選手権大会 ( 2022年5月26日    たけびしスタジアム京都 )

女子やり投げで優勝した京大の篠田
Photo By スポニチ

 女子やり投げ決勝が行われ、篠田佳奈(2年=京大)が50メートル56をマークして優勝した。今回で第99回を迎えた関西学生対校選手権大会において、京大の女子選手が優勝するのは全種目を通じて始めてとなった。

 3投目で50メートル56をマーク。全選手を通じて1人だけ50メートルを超えた。今大会の目標は「表彰台と50メートルを投げたい」だったといい、想像以上の結果に「うれしいです」と声を弾ませた。

 岐阜高出身で、高校の部活を引退してから1日8~10時間の勉強で京大工学部に現役合格した。現在は専門の指導者がいない状況ながら、先輩らと話し合いながらトレーニング。高校時代は自己ベストが40メートル45だったが、レベルアップを図り10メートル以上も記録を伸ばした。

 今大会は1週間前からの調整がはまり、かつ周りからの応援も力となり、偉業を成し遂げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月26日のニュース