×

土居美咲 ミス連発でわずか58分で完敗 日本勢1回戦で全滅

[ 2022年5月26日 05:30 ]

テニス全仏オープン第3日 ( 2022年5月24日    パリ・ローランギャロス )

女子シングルス1回戦で敗退した土居
Photo By 共同

 女子シングルス1回戦で世界ランキング98位の土居美咲(31=ミキハウス)は同40位のアリーゼ・コルネ(32=フランス)に2―6、0―6で完敗し、男女シングルスの日本勢全4選手は2回戦に進めなかった。男子ダブルスではマクラクラン勉(30=イカイ)アンドレ・ヨランソン(28=スウェーデン)組が1回戦で敗退。男子シングルス1回戦では、今大会限りでの現役引退を表明していたジョーウィルフリード・ツォンガ(37=フランス)は敗れた。

 土居はわずか58分で完敗した。地元フランスのコルネの深く、鋭いショットに押し込まれてミスを連発。「なかなかミスをしない選手。それに対応できず、体の切れもあまり良くなかった。切り替えるすべがなかった」と嘆いた。次の4大大会、ウィンブルドン選手権(6月27日開幕)では16年に4大大会自己最高の4回戦まで進んでいる。今年、世界ランキングのポイントが付与されないことに賛同しないとしながらも「ウィンブルドンが私の中では一番だし、前後の大会はポイントが付く」と出場の意向を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月26日のニュース