×

松山英樹は2オーバー72、ホールアウト時点で首位と7打差 全米プロ選手権

[ 2022年5月20日 03:11 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権 第1日 ( 2022年5月19日     オクラホマ州 サザンヒルズCC=7556ヤード、パー70 )

第1ラウンド、10番でショットを放つ松山(AP)
Photo By AP

 今季メジャー第2戦が開幕。昨年のマスターズ制覇に続く、メジャー2勝目を目指す松山英樹(30=LEXUS)は1バーディー、3ボギーの2オーバー72でホールアウトした。この時点で首位とは7打差となっている。

 インの10番から出ると14番パー3でティーショットをグリーン左奥バンカーに入れてボギーが先行。続く15番パー4で第2打をピン右1・5メートルに寄せてバウンスバックに成功したが、16番パー4で2打目をグリーン右奥バンカーに入れてふたたびスコアを落とす。後半は3番で7・5メートルを沈めてパーセーブするなど粘りも見せたが、7番パー4でラフからの第2打でグリーンを捉えられずにボギーを叩いた。

 メジャーセッティングの難コースを前に、「ピンポイントで置いていかないとスコアを作れない」と警戒していた松山。強風の影響もあり、持ち前の高精度のショットとはいかなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月19日のニュース