×

村元、高橋組 RD72・43点で2位発進「この経験を次に…」 四大陸選手権

[ 2022年1月20日 20:36 ]

フィギュアスケート四大陸選手権第1日 ( 2022年1月20日    エストニア・タリン )

アイスダンスRD、演技する村元哉中(左)、高橋大輔組(AP)
Photo By AP

 アイスダンスの村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が登場し、リズムダンス(RD)で72・43点をマークし2位発進となった。

 「ソーラン節&琴」のリズムに乗って始まった演技は、冒頭で村元が転倒するアクシデントがありながらも、その後の演技をミスなく終えた。「(ミスは)お互いのタイミングのズレ。国際的にも(演技で)レベルを獲れていて、世界と戦えるんだなと」。そう村元が語ると、高橋は「この経験を次に生かしていきたい」と前を向いた。

 首位はグリーン、パーソンズ組(米国)で80・62点だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月20日のニュース