×

カーリング 松村千・谷田組 北京五輪出場ならず 痛恨の逆転負けでPO進出逃す

[ 2021年12月9日 05:30 ]

カーリング混合ダブルス北京五輪最終予選第4日 ( 2021年12月8日    オランダ・レーワルデン )

松村千秋(右)、谷田康真組
Photo By スポニチ

 1次リーグB組の松村千秋(29=中部電力)谷田康真(27=コンサドーレ)組は、フィンランドに8―9で敗れた。通算2勝4敗でプレーオフに進出できる組3位以内に入れず、この種目では日本勢初となる五輪出場はならなかった。

 松村千・谷田組がまさかの大逆転負けを喫し、夢切符を逃した。フィンランド戦は不利な先攻の第1エンドに2点スチールに成功すると、第2エンドも3点追加。松村千が精度の高いドローショットを披露して前半を7―2で折り返したが、第5、6エンドに3点ずつ奪われて逆転を許した。悪夢のような展開で、この種目で日本初の五輪には届かなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月9日のニュース