稲森、米国の経験生かす「一打一打マネジメントする」

[ 2021年10月28日 05:30 ]

稲森佑貴
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの「ISPSハンダ・ガツーンと飛ばせ」は28日から4日間、茨城・美浦GCで開催される。

 賞金ランキング5位の稲森佑貴(27=国際スポーツ振興協会)は27日、プロアマ戦で調整し「疲労感はあるが、ゴルフ自体は悪くない」と話した。先週は米ツアーZOZOチャンピオンシップに出場し35位。「予選で回った(キャメロン)トリンゲールはマネジメントがしっかりしていて勉強になった」と海外勢の攻め方に刺激を受けた。「ZOZOで得たことを生かし、一打一打マネジメントしていく」とホストプロとして意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月28日のニュース