内村 野村忠宏氏と対談 進退について熟考中「最後に決めるのは自分」

[ 2021年10月28日 05:30 ]

野村忠宏さん(右)とトークショーを行う体操男子の内村航平
Photo By 共同

 体操男子の個人総合で五輪連覇の内村航平(32=ジョイカル)が27日、都内で所属先のイベントに出演し、柔道男子60キロ級で五輪3連覇の野村忠宏氏(46)と対談した。

 世界選手権(北九州市)の種目別鉄棒で6位だった内村は、進退について熟考中。40歳まで現役を続けた野村氏は「ボロボロになるまであがく内村航平も見たい」とした一方、「続ける権利も辞める権利も内村選手にしかない。決めるのは自分自身」との言葉を贈った。内村は「最後に決めるのは自分。考えに考えて、考え抜いて決めようと思った」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月28日のニュース