橋本会長「レガシー構築が大事。ここをゴールではなくスタートに」NF協議会開催

[ 2021年9月27日 10:27 ]

橋本聖子会長
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、国内競技団体(NF)との協議会をオンライン形式で開催した。協議会は大会閉幕後初で、今回が最後となった。

 冒頭であいさつした橋本聖子会長は「東京2020大会は安心、安全最優先の大会を実現し、大きな問題もなく大会を終えることができた」と総括。大会前は新型コロナウイルス下での開催を疑問視する世論が大勢を占めていた中で「スポーツの力で再びを世界を1つにし、世界中のアスリートが集う舞台をつくりあげることができた」と自賛し、「大会が成功したかどうかは歴史が証明してくれるものと思っている。やってよかったと多くの方に言っていただけるように、今後どのようにレガシーを構築させていけるかが大事。ここをゴールとすることなく、スタートとすることを願っている」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月27日のニュース