大迫傑氏が新会社設立 選手育成事業など展開「経験から多くの知見…たくさんの人たちに届けたいと」

[ 2021年9月27日 15:00 ]

大迫傑氏
Photo By スポニチ

 東京五輪男子マラソンで6位入賞し、現役を引退した大迫傑氏(30)が27日、選手育成事業などを展開する新会社「I(アイ)」を設立したと発表した。大迫氏はSNSなどを通じ「選手としてさまざまな経験を重ね、その経験から多くの知見を得ることができた。この知見を社会のたくさんの人たちに届けたいと考えていた。ラストランを終えた今、この思いを実行に移すとともに、持続可能なものにするために法人を設立することにした」とコメントした。

 新会社は、大迫氏が立ち上げた育成プログラム「Sugar Elite」の開催、アスリートマネジメント事業、地域活性化のコンサルティング・アドバイスを行う地域活性化事業をメーンとしていくという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月27日のニュース