中島 攻めのゴルフで1差4位浮上、優勝争う意識より「とにかく自分と向き合うこと」

[ 2021年9月26日 05:30 ]

男子ゴルフツアー パナソニック・オープン第3日   ( 2021年9月25日    京都府 城陽CC=6967ヤード、パー72 )

1番、フェアウエーをにらみショットに入る中島(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 首位に4打差の8位から出た世界アマチュアランク1位・中島啓太(21=日体大3年)が、出だしの1番でチップインイーグルを奪うなど65の好スコアをマークして首位に1打差の4位に浮上した。「優勝争いしてる意識は特別持っていないので。とにかく自分と向き合うことです」。今大会はナショナルチームのガレス・ジョーンズ・コーチと話し合い、今後を見据えてパー3を除く全ホールを1Wで攻めるコースマネジメントに挑戦している。最終日も勝負を度外視した戦いを続ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月26日のニュース