渋野「散々…かなり損した」合計30パット、5位で最終日へ「今より下げないように」

[ 2021年9月26日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン第2日 ( 2021年9月25日    宮城県 利府GC=6591ヤード、パー72 )

18番、バーディーパットを決める渋野(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 合計30パットとグリーン上で苦戦した渋野日向子(22=サントリー)は「パットが散々だった。距離感も合っていないし、チャンスを外したり。パットでかなり損をしてしまった」と嘆いた。

 それでも9番と14番で2メートルのパットを沈めてパーセーブするなど粘りを見せて、先週の最終日から3ラウンド連続のボギーなしで終えた。5位で臨む最終日へ「今の位置より下げないように頑張りたい」と気合を入れ直した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月26日のニュース