プロ11年目の工藤、悲願初Vはお預け 単独首位でスタートも崩れ79の15位「何も言い訳はない」

[ 2021年5月31日 05:30 ]

女子ゴルフツアー リゾートトラスト・レディース最終日 ( 2021年5月30日    愛知県 セントクリークGC=6605ヤード、パー72 )

3H、ティーショットを池に入れてしまいガックリの工藤遥加(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 1打差単独首位から初優勝を目指した工藤だが、7オーバーの79と崩れて15位に終わった。「何も言い訳はない。楽しめたかというと、楽しめなかった」と肩を落とした。

 2番でバーディー先行も、続く3番パー3で「完全なミス」と第1打を池に入れるなど痛恨のトリプルボギー。不規則な風に対応しきれず、後半も3ボギーと巻き返せなかった。プロ11年目で悲願の初勝利を逃したが「次はウエッジでピンを狙っていけるよう調整したい」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月31日のニュース