ロシア 五輪金メダル獲得時、国歌の代わりにチャイコフスキーの曲使用

[ 2021年4月24日 05:30 ]

 ロシア五輪委員会は23日、東京五輪でロシア人選手が金メダルを獲得した時、表彰式で国歌の代わりにチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」を使用すると発表した。

 ロシアはドーピング問題で東京五輪から除外されており、選手は個人の資格で出場するが、22年までは国旗や国歌の使用が禁じられている。先日発表されたユニホームには国旗の代わりにロシア五輪委員会のロゴが入っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月24日のニュース