東京五輪でも宣伝活動禁止に金メダリストら世界各国で抗議、IOC批判

[ 2021年4月24日 05:30 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)が22日に東京五輪でも表彰式や競技会場で政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じたことに対し、世界各国で抗議の声が上がった。

 自転車金メダリストのカラム・スキナー氏(英国)は「人々は平等のために戦っている。五輪は100%支援するべきだ」とコメント。陸上女子ハンマー投げで国際大会の表彰台で拳を突き上げたグウェン・ベリー(米国)も「五輪で得られる膨大な利益を守りたいだけだ」とIOCを批判した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月24日のニュース