10月開催の東京マラソン 大会1カ月前以降に自治体から要請があった場合は中止を承認

[ 2021年3月19日 18:18 ]

20年の東京マラソンで一斉にスタートするランナーたち
Photo By スポニチ

 東京マラソン財団は都内で臨時理事会を開き、新型コロナの影響で今年3月から同10月17日に延期された東京マラソンについて、大会1カ月前以降に緊急事態宣言や自治体から開催自粛要請が出ている場合には大会を中止することを承認した。

 また、感染症対策として定員を3万8000人から1万3000人減の2万5000人に見直した。スタート時には3密回避として1メートルのソーシャルディスタンスの確保、ウエーブスタートの実施などを行う。

 第1回目の開催判断も行われ、現時点では新型コロナが開催に影響する状況ではないとして準備を進めることも確認した。今後は6月、9月にも開催を判断する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月19日のニュース