×

内村航平、ジョイカルと所属契約「いい報告ができて良かった」

[ 2021年3月17日 11:01 ]

<内村航平・所属契約発表会見>笑顔で会見する内村航平 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 体操男子で種目別の鉄棒で東京五輪金メダルを狙う内村航平が17日、都内で会見を開き、自動車販売などを手がける「ジョイカル」と所属契約を結んだことを発表した。契約期間はこの日から24年3月16日までの3年。ジョイカルはこれまで、内村の個人スポンサーに名を連ねていた。

 内村は17年3月から外食チェーンの「リンガーハット」と21年12月末までの所属契約を結んでいたが、新型コロナウイルスによる業績悪化のため、20年いっぱいで継続を断念。新たな所属先を模索していた。

 「所属がなくなって最初どうなるかと思ったけど、いい報告ができて良かった」とし、「ほんとにここ1年はイレギュラーすぎて、どうしていいかわからない日々がつづいていて、その中で所属がなくなって、あらためてプロの世界でやっていく厳しさも知った。所属契約してもらえるありがたみを知った。すごく華やかに見える世界かもだけど、ここを目指す選手に厳しさを教えることができた」と話した。ジョイカルのロゴの「A」はコウテイペンギンがモチーフとなっており、新ユニホームにもロゴが入る。「僕もキングと呼ばれているので、共通点を感じる」と笑みを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月17日のニュース