山西利和「本当の意味で日本一を決める戦い」 21日、日本選手権20キロ競歩

[ 2021年2月20日 16:31 ]

男子20キロ競歩の山西利和(愛知製鋼)
Photo By スポニチ

 陸上の日本選手権20キロ競歩(21日・神戸)に出場する有力選手の記者会見が20日、オンラインで行われ、東京五輪男子20キロ代表の山西利和(25=愛知製鋼)が五輪代表3人が出場する「プレ五輪」への意気込みを語った。大会連覇も懸かる山西は「代表権を意識した立ち回りがない分、本当の意味で日本一を決める戦い。勝ちにいきたい」と闘志を燃やした。

 20キロのレースは1年ぶりとなるが、コロナ下でも練習を継続できたといい「練習の方向性は変わらない。そこに関しては一定の手応えを得ている。明日のレースはそこを確認したい」と話していた。

 今大会は新型コロナウイルス対策の入国制限の影響で国際審判員が3人以上そろわないため、五輪参加標準記録の突破や世界記録の更新は認められないが、日本記録は公認される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月20日のニュース