ラグビー日本代表福岡堅樹 順天堂大医学部合格を発表

[ 2021年2月20日 17:31 ]

ラグビートップリーグ第1節   パナソニック55―14リコー ( 2021年2月20日    東京・秩父宮ラグビー場 )

<パナソニック・リコー>鋭いステップで敵陣に切り込むパナソニック・福岡(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 パナソニックのWTB福岡堅樹(28)が先発出場したリコー戦後、自身のツイッターで順天堂大医学部に合格したと発表した。

 福岡は「報告」と題し、「この度、順天堂大学医学部に無事合格することができました!この挑戦は、本当に多くの方々の助けがあって成し遂げられたと思います。この感謝の気持ちを忘れずに、また新たな挑戦の道を歩んでいきたいと思います。今後とも応援よろしくお願い致します!練習を少し休んでも、快く勉強に送り出してくれたチームの仲間達、限られた時間の中で受験のノウハウを教えてくださった英進館、YMS、メビオの先生方、本当に多くの方々にサポートして頂きました。本当にありがとうございました!」とつづった。

 福岡はこの日の開幕戦で先発フル出場を果たし、後半23分にはインターセプトから今季初トライを決めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月20日のニュース