羽生結弦、21年3月の世界選手権へ「全力で自分の役割をまっとう」

[ 2020年12月27日 22:54 ]

<全日本フィギュアスケート選手権最終日>世界選手権の日本代表に選ばれ会見に臨む羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で5年ぶりに全日本選手権を制した羽生結弦(ANA)が27日、世界選手権(21年3月、スウェーデン・ストックホルム)の代表発表会見に出席した。

 「世界選手権代表に選ばれました、羽生結弦です。今回、世界選手権の代表というのは、やっぱり全日本の王者として行く世界選手権になると思いますので、しっかりと日本代表として、まずは、まあいろんな世の中の情勢ありますけれども、まず日本代表の日本人の1人として、胸を張ってその試合で行動できるようにしていきたいな。その上でいい演技もしっかりとやって、もちろん北京オリンピックに向けての枠も懸かってくると思いますし、全力で自分の役割をまっとうしたいなと思っています」と意気込みを口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月27日のニュース