ディーン元気が今季を総括 クラウドファンディングの支援に感謝

[ 2020年10月20日 05:30 ]

ディーン元気

 陸上・男子やり投げのディーン元気(28=ミズノ)が19日、オンライン取材に応じた。8月のセイコー・ゴールデングランプリで84メートル05を投げて優勝するなど、復活を印象付けたシーズンも今月の日本選手権で一足早く終了した。1年を振り返り、オフに5カ月間の海外修行をしたことが、7年ぶりに80メートル台を出すきっかけの一つになったとした。

 フィンランド、南アフリカで長期滞在する資金を、インターネットで支援を求める「クラウドファンディング」で募集。93人から計124万7000円が集まった。目標額の100万円を超えたことが発憤材料になり、練習の質が向上。「これだけ期待をしてくれている人がいるんだ、という衝撃が大きかった。今年の記録は努力をさせてくれた人たちのおかげ」と、改めて感謝の思いを口にした。

 東京五輪代表へ向け、11月下旬にフィンランドへ飛ぶ計画を立てている。多くの人の支えを背中に感じながら、大遠投を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月20日のニュース