シオノギ製薬 驚異の粘りで息を吹き返す 殊勲の谷本「サヨナラってこんなにうれしいんだ」

[ 2020年10月20日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボール1部リーグ第9節   シオノギ製薬5―4日立 ( 2020年10月19日    尼崎 )

<シオノギ製薬・日立>サヨナラ打を放ったシオノギ製薬・谷本が笑顔でベンチへ(日本ソフトボール協会提供
Photo By 提供写真

 「第53回日本女子ソフトボール1部リーグ」(日本ソフトボール協会、日本女子ソフトボール機構主催)は19日、雨で順延になった第9節の4試合が行われた。

 シオノギ製薬が驚異的な粘りを2度も見せた。今季初登板の米国代表・リケッツに対し、土壇場7回に2本のソロを浴びせて同点。無死二塁から始まるタイブレークに突入した延長は、9回に2点差を追いつき、さらに2死満塁で1番・谷本が右前へ劇打を放った。「サヨナラってこんなにうれしいんだ」と人生初に笑顔。自動降格の最下位がちらついていたが、息を吹き返した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月20日のニュース