50キロ競歩五輪代表の鈴木が結婚 コロナ禍で決断「競技生活をより一層充実させたい」

[ 2020年8月21日 05:30 ]

19年のドーハ世界選手権で金メダルを手に笑顔の鈴木
Photo By スポニチ

 東京五輪男子50キロ競歩代表の鈴木雄介(32=富士通)が20日、自身のSNSで結婚したことを発表した。

 コロナ禍がなければ今年開催予定だった東京五輪後に結婚しようと決めていたといい「来年は五輪、再来年は世界陸上と大きな国際大会が続くため、今年結婚し、お互いを支え合いながら今後の競技生活をより一層充実させるようまい進してまいりたいと決意した」とつづった。鈴木は19年ドーハ世界選手権で金メダルを獲得して五輪代表に内定。来年の東京五輪でも金メダル最有力候補とみられている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月21日のニュース