大学柔道の全国2大会が中止決定 コロナ収束見えず…今年度全国大会は全て中止に

[ 2020年8月12日 19:51 ]

 全日本学生柔道連盟は12日、理事会を開き、全日本学生体重別選手権(9月26、27日、千葉)および全日本学生体重別団体優勝大会(10月17、18日、尼崎)の中止を決定した。同連盟では7月の理事会でも両大会の開催可否を審議。最終判断を先送りしてこの日の理事会を迎えたが、全国的に新型コロナウイルスの感染収束が見通せないことから、両大会の中止を決めた。

 大学カテゴリーの全国大会では、例年6月に開催される全日本学生優勝大会が中止となっており、これで今年度の全ての全国大会の中止が決まった。大学柔道界をめぐっては、今月7日までに日体大男子柔道部の部員ら計10名が新型コロナに感染したことが判明。地域ごとの練習状況にも大きな差が生まれており、中止の判断に影響を及ぼしたものとみられる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年8月12日のニュース